ETCカードの種類と特徴

ETCカードを利用するためには、車載器とETCカード、さらにセットアップなどが必要となりますが、車載器にはタイプがあり、選ぶことができます。

自動車の構造等によって、利用できるタイプが決まっているものもあります。

最近の車は、いずれのタイプも選べるようになっていますので、車を運転される方の使い勝手がいい方を考え、設置してください。

ダッシュボードの上に配置する車載器は2ピースタイプと呼ばれるもので、ETCカード挿入部などがある本体とアンテナが同一になったタイプです。

料金所との無線交信を行うため、交信の支障とならないように通常、奪取ボート上に設置します。

ETCカード、車載器という2つの構成となっている車載器です。

ダッシュボードの上に設置したくないという人には、社内のどこにでも設置できる3ピースタイプが人気です。

この場合、アンテナ、車載器、ETCカードという3つの構成となっている車載器です。

ミラーの上付近に小型アンテナを設置し、本体は運転される方が利用しやすい位置に設置できます。

もう一つはビルトインタイプと呼ばれるもので、自動車メーカーの純正品となります。

ルームミラーにアンテナを組み込み、本体はセンターパネルやそのほか見えないところに設置されています。

車載器本体がグローブボックス(助手席の前のボックス)に設置されている場合もあり、この場合、アンテナも本体も見えないので、スッキリした印象です。

車載器にもいろいろありますが、新車購入時にビルトインタイプを選ぶ方も多くなっているようです。

メールフォーム

お名前

本文

Yahoo! JAPAN