渋滞とETCカード

道路を車で走っていて、なにがストレスかというとやはり渋滞です。

急がない旅であっても、車に乗っているのに現地になかなかたどりつかないとなると、うんざりします。

渋滞情報ではまだまだ動きそうにない、こんな状況があると車を利用して長距離を移動するという事が嫌になって、だったら立ってでも新幹線で移動した方が時間通りにつくじゃないかと、高い旅費を家族分支払い、里帰りするご家族も多かったでしょう。

有料道路はなぜ渋滞が起きるのか、それをしっかり調べてみたところ、渋滞が一番起りやすい個所は料金所だという事が判明しました。

料金所では通行料を支払うために車を停止し、お金を支払う必要があります。

前の車がストップし、次の車もストップする、又ちょっと動いて、又ストップする、こうした料金所での動きが、有料道路の渋滞を巻き起こしていたのです。

渋滞を緩和させるには料金所をスムーズに通過するシステムを作る必要がある、この構想を打ち立てやっと始まったETCのサービスは今、全国の有料道路で利用できるようになっています。

ETCカードを作り車載器を設置する事で、料金所をスマートに通過できるこの画期的なサービスによって、全国各地の高速道路本線料金所では、大幅な渋滞削減に成功しているといいます。

現在も、土日の割引などがありますので、以前よりも多くの方が車での長距離移動をしています。

ETCカードの導入によって、長距離移動の交通手段に車を選ぶ方が非常に多くなったのも、大きな変化でしたね。

メールフォーム

お名前

本文

Yahoo! JAPAN