すーっと快適なETC

実際にETCカードを使い車載器を設置し、ETCシステムでレーンをすーっと通過している私達ですが、この仕組み、どうなっているか理解されています?

料金所の入り口では、料金所に設置されているアンテナが車に取り付けられている車載器に向けて入口情報を発信し、車載器がそれを受け取ります。

車が有料道路を走り目的地の料金所にたどり着くと、出口となる料金所で車載器から入口情報を料金所アンテナに送信します。

料金所のアンテナはその入口情報を受信し、料金所アンテナから車載器に向けて料金情報を送信します。

これで、この車がどの入口から入り、どの出口から出て、いくらかかったのかという情報が記録されるわけです。

後はその情報がクレジットカード会社に送られ、後払いで支払うというシステムになっています。

そのため、ETCを利用する場合にはETCカードが必要となり、クレジットカード契約が不可欠となるのです。

ETCカードを作り、車載器を設置し、利用者の情報をセットアップする事でETCが利用できるようになります。

ETCのおかげで、料金所でストップし現金を支払うという面倒もなく、すいーっと楽々通過できます。

二輪車専用のETCもできたことで、二輪車こそ面倒だったお金の出し入れが必要なくなり、より料金所をスムーズに通行できるようになっています。

スムーズに通行できる以外にも、休日割引があったり、深夜早朝割引があったり、季節に応じた割引などがあり、利用者はよりお得に有料道路を利用できるようになったという利点もあります。

メールフォーム

お名前

本文

Yahoo! JAPAN